コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苗代茱萸 ナワシログミ

デジタル大辞泉の解説

なわしろ‐ぐみ〔なはしろ‐〕【苗代茱萸】

グミ科の常緑低木。暖地の山野に自生。枝はとげ状になり、葉は長楕円形で縁が波うつ。秋、白い花が垂れて咲き、実は翌年の田植えのころに赤く熟し、食用となる。はるぐみ。 夏 花=春》「小女の―に口染る/青々

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なわしろぐみ【苗代茱萸】

グミ科の常緑低木。暖地の山地に生え、庭木ともされる。短枝は時にとげになる。葉は長楕円形で、裏面は銀白色。秋、葉腋から白色の花を下垂。果実は長楕円形で、翌年の田植え時に赤く熟し食べられる。胡頽子。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

苗代茱萸 (ナワシログミ)

学名:Elaeagnus pungens
植物。グミ科の常緑低木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

苗代茱萸の関連キーワード胡頽子銀白色山地小女短枝葉腋下垂