コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苛斂 カレン

デジタル大辞泉の解説

か‐れん【苛×斂】

《「」は取り上げて納める意》租税などを厳しく取り立てること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かれん【苛斂】

税金や年貢などをきびしく取り立てること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苛斂の関連キーワード練・鍊・廉・恋・憐・戀・攣・斂・煉・練・聯・蓮・連・錬勝山藩(安房国)マグナ・カルタ間宮新五郎藤原元命文珠九助五代十国農本主義手余地河原者抜釘銭税金誅求年貢

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android