苛斂誅求(読み)カレンチュウキュウ

  • かれんちゅうきゅう ‥チュウキウ
  • かれんちゅうきゅう〔チユウキウ〕
  • 苛×斂×誅求

大辞林 第三版の解説

は収める、は責めるの意
年貢・税金などをむごくきびしく取り立てること。 取り立てが-をきわめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「誅求」は責め求めるの意) 税金などをきびしく取り立てること。むごい取り立て。苛斂。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉六「苛斂誅求(カレンチウキウ)を極めたので百姓等塗炭の苦しみに陥ち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android