コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苛斂誅求 カレンチュウキュウ

デジタル大辞泉の解説

かれん‐ちゅうきゅう〔‐チユウキウ〕【苛××誅求】

《「誅」は責める意》情け容赦もなく、税金などを取り立てること。
「―を事とせぬ政治家の皆無だった当時」〈中島敦・弟子〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かれんちゅうきゅう【苛斂誅求】

〔「斂」は収める、「誅」は責めるの意〕
年貢・税金などをむごくきびしく取り立てること。 「取り立てが-をきわめる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

苛斂誅求の関連キーワード勝山藩(安房国)マグナ・カルタ間宮新五郎農本主義五代十国文珠九助藤原元命抜釘銭河原者手余地年貢

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android