コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三酔人経綸問答 さんすいじんけいりんもんどう

5件 の用語解説(三酔人経綸問答の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三酔人経綸問答
さんすいじんけいりんもんどう

中江兆民著。 1887年刊。南海先生,洋学紳士,豪傑君の三者鼎談の形式をとりながら政治論を展開している。このうち,政治は国民の意向や知識に従って行われるべきこと,君主専制から立憲君主制,民主制へと移行するのが政治の発展の順序だが,日本では立憲制下皇上の尊栄と万民の福祉を増すほかないことを主張する南海先生の意見が兆民を代弁するものとみられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんすいじんけいりんもんどう〔サンスイジンケイリンモンダフ〕【三酔人経綸問答】

政治評論書。中江兆民著。明治20年(1887)刊。徹底した西洋近代思想を説く洋学紳士と、膨張主義的国権思想を唱える豪傑君が、現実主義的民権論者の南海先生宅を訪れ、酒を酌み交わしながら日本の進むべき道を論じる形式をとる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんすいじんけいりんもんどう【三酔人経綸問答】

中江兆民著。1887年集成社から刊行。刊行前,一部は〈酔人の奇論〉として徳富蘇峰の《国民之友》に掲載。3人の男が酒を飲みながら日本の針路について議論する話。その1人〈洋学紳士〉は徹底した民主化と非武装によって〈民主平等道徳学術の実験室〉とする急進的改革を主張し,〈東洋豪傑〉は大陸侵略とそれをてこにした国内改革によって〈変弱為強の業〉を実現する強行策を求めた。2客を迎えた〈南海先生〉は与えられた〈小邦〉の条件の中で対外的な〈過慮〉=過剰な危機感を抑制し〈和交〉を第一とし,国内的には〈恩賜の民権〉を徐々に本来の〈復の民権〉に近づけていく持続的な努力の必要を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんすいじんけいりんもんどう【三酔人経綸問答】

政治評論書。中江兆民著。1887年(明治20)刊。西洋近代思想を理想主義的に代弁する洋学紳士、膨張主義的国権主義思想を説く壮士風の豪傑君、これを迎える現実主義的な民権拡張論者の南海先生の三者の鼎談形式で、日本がいかにあるべきかを論じている。近代の日本の政治・軍事・社会・文化の根本問題が浮き彫りにされている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三酔人経綸問答
さんすいじんけいりんもんどう

中江兆民(ちょうみん)著。1887年(明治20)集成社刊。民権運動の挫折(ざせつ)と明治憲法の制定を前にして、3人の男が酒を酌み交わしながら、日本の進路について議論を重ねるという構成。その1人、民主主義者「洋学紳士」は、自由・平等・博愛の大義による徹底した民主化と非武装平和論を説き、侵略主義者「豪傑君」は軍備拡張を力説し、大陸侵略とそれをてこにした国内改革による国権の確立を主張、現実主義者「南海先生」は、対外的には平和外交と防衛本位の国民軍構想を、国内的には「恩賜の民権」から「回復の民権」へ、「立憲制」から「民主制」への漸進的改革を唱えた。国内外の歴史的条件を凝視した兆民の実践的な選択は「南海先生」の議論に沿うものであったが、3人とも兆民の分身であり、近代文明の基本理念を堅持し歴史進化の理法を確信する洋学紳士と、帝国主義化する西洋諸列強の現実に即応する豪傑君の議論をくみ入れることによって、選択肢の枠を拡大しようとする意図が込められていた。日本の近代化過程全般を見通しうる政治理論書として最高傑作の一つである。[和田 守]
『『三酔人経綸問答』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三酔人経綸問答の言及

【中江兆民】より

…また異論との対決が真理への道を進めるという確信から,藩閥政府に対しては言論の自由をはじめとする市民的自由の保障を求め,在野の政治運動に対しては地縁的閥族的結合を超えた旨義の自由な交流による結合を説いた。《三酔人経綸問答》(1887)はその思想的結実である。さらに独自の唯物論哲学に立った徹底した平等論から,いち早く〈新民世界〉(1888)と題する本格的な部落解放論を発表した。…

※「三酔人経綸問答」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三酔人経綸問答の関連キーワード東洋自由新聞兆民高知県高知市はりまや町小山久之助高谷竜洲中江篤介初見八郎《帝王編年集成》《歴代編年集成》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三酔人経綸問答の関連情報