コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苛高/刺高 イラタカ

デジタル大辞泉の解説

いら‐たか【苛高/刺高】

《「いらだか」とも》
角だってごつごつしていること。
「―の老木にそひて」〈泣菫零余子
苛高数珠」の略。
「持ったる―、知盛の首にひらりと投げかくれば」〈浄・千本桜

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いらたか【苛高】

〔「いらだか」とも〕
角ばっていること。ごつごつしていること。
「苛高数珠」の略。 「赤木の数珠の-を、さらりさらりと押し揉んで/謡曲・葵上」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

苛高/刺高の関連キーワード葵上

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android