若尾民造(読み)わかお たみぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

若尾民造 わかお-たみぞう

1854*-1917 明治-大正時代の実業家。
嘉永(かえい)6年12月4日生まれ。細田利兵衛の3男。若尾財閥の創始者若尾逸平の養子となり跡をつぐ。若尾銀行頭取,東京電灯会長などをつとめた。明治39年甲府市長。大正6年2月22日死去。65歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android