苦海(読み)くかい

精選版 日本国語大辞典「苦海」の解説

く‐かい【苦海】

〘名〙 (「くがい」とも) 仏語。この世のしみの際限なく大きいことをにたとえた苦界
※万葉(8C後)五・七九四右詩「愛河波浪已先滅、苦海煩悩亦無結、従来厭離此穢土、本願託生彼浄刹
※盲安杖(1619)二「仏神は広大の慈悲をもって、〈略〉苦海に沈む衆生をあはれみたまひ」 〔大乗理趣六波羅蜜多経‐序〕

くるしき【苦】 海(うみ)

(「苦海(くかい)」の訓読み) 仏語。苦しみのはてしないこの世を、広い海にたとえたもの。苦しみの海。
※金葉(1124‐27)雑下・六三九「阿彌陀仏と唱ふる声を梶にてや苦しき海を漕ぎ離るらん〈源俊頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「苦海」の解説

苦海
くかい

仏教用語。大海のはてしないように,はてしない苦につきまとわれ,さいなまれている世界のこと。輪廻転生を繰返す六道の世界を海にたとえていう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「苦海」の解説

く‐かい【苦海】

《「くがい」とも》仏語。苦しみの絶えないこの世を海にたとえていう語。苦界くがい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の苦海の言及

【苦界】より

…仏教語。すべての衆生の苦しみが無限であることを海にたとえて苦海(くかい)という。例,〈我,諸ノ衆生ヲ見ルニ,苦海ニ没在セリ〉(《法華経》寿量品)。…

※「苦海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android