苦海(読み)くかい

  • くるしき
  • 海(うみ)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「くがい」とも) 仏語。この世の苦しみの際限なく大きいことを海にたとえた語。苦界。
※万葉(8C後)五・七九四右詩「愛河波浪已先滅、苦海煩悩亦無結、従来厭離此穢土、本願託生彼浄刹
※盲安杖(1619)二「仏神は広大の慈悲をもって、〈略〉苦海に沈む衆生をあはれみたまひ」 〔大乗理趣六波羅蜜多経‐序〕
(「苦海(くかい)」の訓読み) 仏語。苦しみのはてしないこの世を、広い海にたとえたもの。苦しみの海。
※金葉(1124‐27)雑下・六三九「阿彌陀仏と唱ふる声を梶にてや苦しき海を漕ぎ離るらん〈源俊頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の苦海の言及

【苦界】より

…仏教語。すべての衆生の苦しみが無限であることを海にたとえて苦海(くかい)という。例,〈我,諸ノ衆生ヲ見ルニ,苦海ニ没在セリ〉(《法華経》寿量品)。…

※「苦海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦海の関連情報