コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

苦界 クガイ

デジタル大辞泉の解説

く‐がい【苦界】

《「苦海」から》苦しみの多い世界。生死を繰り返して流転するこの世。人間界。
遊女のつらい境遇。公界(くがい)。「苦界身を沈める

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くがい【苦界】

仏教語。すべての衆生の苦しみが無限であることを海にたとえて苦海(くかい)という。例,〈我,諸ノ衆生ヲ見ルニ,苦海ニ没在セリ〉(《法華経》寿量品)。この海にの字をあてて苦界とする。例,〈極楽世界に行きぬれば,長く苦界を越え過ぎて〉(謡曲《実盛》)。近世になると,遊女の境遇に多く用い,公娼のみならず私娼にも用いる。〈苦界とは見えぬ廓(くるわ)の夕景色〉(《柳多留》72)。江戸時代では奉公契約の年限は最長10年,遊女奉公も同じで〈苦界十年〉という語が生まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くがい【苦界】

〘仏〙 苦しみや悩みの多い世界、すなわち人間世界。
〔「公界くがい」を「苦海」の意にとって〕 遊女のつらい境遇。遊女の世界。公界くがい。 「 -に身を沈める」 「生まれ故郷のなじみの中で-をするも亦よからう/人情本・梅児誉美

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

苦界の関連キーワード久・九・供・区・區・口・句・工・懼・狗・矩・苦・躯・軀・駆・駒・驅キム・バン・キエウノンフィクション吉原(遊廓)大自在王菩薩宮尾登美子葉山レイコ長夜の眠りクリスマス吉原御免状隆慶一郎川口敦子片桐夕子にごりえ大石芳野山田わか沈める人情本得脱長夜

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

苦界の関連情報