コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英岳 えいがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英岳 えいがく

1639-1712 江戸時代前期-中期の僧。
寛永16年生まれ。真言宗。大和(奈良県)長谷寺亮汰の弟子。名古屋長久寺などをへて,元禄(げんろく)4年江戸弥勒寺にうつり,将軍徳川綱吉の帰依(きえ)をうける。8年長谷寺14世。正徳(しょうとく)2年11月1日死去。74歳。伊賀(いが)(三重県)出身。俗姓は宇都宮。字(あざな)は宜春。通称は進休庵大僧正。著作に「理趣経純秘鈔講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

英岳の関連キーワード隆慶(1)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android