亮汰(読み)りょうたい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亮汰 りょうたい

1622-1680 江戸時代前期の僧。
元和(げんな)8年生まれ。真言宗。園城(おんじょう)寺,高野山,伊勢(いせ)(三重県)真常院などに遊学長谷(はせ)寺の尊慶にまなび,近江(おうみ)総持寺,京都般若(はんにゃ)寺,仁和寺花厳院の住持をへて延宝8年長谷寺11世となる。僧正。延宝8年11月10日死去。59歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。字(あざな)は俊彦,浄泉。著作に「科註住心品(かちゅうじゅうしんぼん)」「般若理趣経純秘鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

亮汰の関連情報