コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英甫永雄 えいほ えいゆう

2件 の用語解説(英甫永雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英甫永雄 えいほ-えいゆう

1547-1602 織豊時代の僧。
天文(てんぶん)16年生まれ。細川幽斎の甥(おい)。臨済(りんざい)宗。文渓永忠の法をつぐ。天正(てんしょう)14年から没年まで建仁寺(けんにんじ)住持。同寺でまなんでいた林羅山(らざん)に影響をあたえる。連句や和歌にすぐれ,とくに狂歌の祖とされる。慶長7年9月16日死去。56歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。通称は雄長老。別号に武牢,小渓。狂歌集に「雄長老百首」,詩文集に「倒痾(とうあ)集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

英甫永雄

没年:慶長7.9.16(1602.10.30)
生年:天文16(1547)
安土桃山時代臨済宗夢窓派の僧。別に武牢,小渓,芳洲とも号した。若狭(福井県)の人,武田信重の子。同族の出身である建仁寺(京都)の文渓永忠に就いて学び,諸方遊歴の後にその法を嗣ぐ。夢窓派と併せて幻住派の法をも嗣いでいる。建仁寺如是院に住し,天正14(1586)年建仁寺住持となり,文禄3(1594)年南禅寺に昇住した。相国寺鹿苑院の 西笑承兌 や林羅山と親交があり,羅山の学問には大きな影響を与えた。連句,和歌にもすぐれたが,特に狂歌を好み,近世狂歌の祖とされる。<著作>『羽弓集』『雄長老詠百首狂歌』『倒痾集』

(中尾良信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

英甫永雄の関連キーワード集堯仁如雲英宗偉摂応晋恒文閑山岡如軒活山玄旭弘尊安土桃山時代太極雪蹊寺

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone