コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄長老 ゆうちょうろう

5件 の用語解説(雄長老の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄長老
ゆうちょうろう

[生]天文4(1535)
[没]慶長7(1602).9.16. 京都
室町時代後期~安土桃山時代の禅僧,狂歌作者,漢詩人。名は英甫永雄。別号,武牢,小渓。若狭の豪族武田信重の子。母は細川幽斎の姉,宮川尼。天正 14 (1586) 年建仁寺住持,文禄3 (94) 年南禅寺にも住む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雄長老 ゆうちょうろう

英甫永雄(えいほ-えいゆう)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうちょうろう【雄長老】

1535‐1602(天文4‐慶長7)
安土桃山時代の禅僧,狂歌作者。永雄英甫(えいゆうえいほ)。南禅寺の住持になったのでふつう雄長老と呼ぶ。正しくは永雄長老。若狭武田氏の出身で,宮川尼は母,細川幽斎は叔父に当たる。漢詩文もよくしたが,中院通勝(なかのいんみちかつ)が評語を加えた《詠百首狂歌》は豪放な笑いや鋭い風刺によってとくに名高い。〈桜にはあらぬ春べをこきまぜて枝をたれたるはこ柳かな〉(《詠百首狂歌》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうちょうろう【雄長老】

?~1602) 安土桃山時代の学僧・狂歌師。京都建仁寺塔中たつちゆう如是院の長老で、正しくは永雄長老。母は細川幽斎の妹。近世狂歌の祖と称される。著「狂歌三百首抄」「雄長老百首」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄長老
ゆうちょうろう
(1535―1602)

安土(あづち)桃山時代の禅僧、狂歌作者。名は永雄英甫(えいゆうえいほ)。京都南禅寺の住持にまでなったので雄長老とよぶ。別号、武、小渓、玩隠叟(がんいんそう)。若狭(わかさ)(福井県)武田氏の出身で母は女流狂歌作者として名高い宮川尼(みやがわに)、一代の武人歌学者細川幽斎(ゆうさい)は叔父にあたる。幼にして仏門に入り建仁(けんにん)寺の文渓永忠に随侍し、のち建仁寺、南禅寺の住持になった。漢詩文や漢和聯句(かんなれんく)などに優れ当時五山の僧侶(そうりょ)中五指の一人に数えられた。だが後世文学史上彼を著名にしたのは余技の狂歌で、1589年(天正17)につくり中院通勝(なかのいんみちかつ)に批評を請うた『詠百首狂歌』は、痛烈な風刺や磊落(らいらく)な笑いに満ちてとくに有名である。
 桜にはあらぬ春べをこきまぜて枝をたれたるはこ柳かな[森川 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雄長老の関連キーワード道恵文閑山岡如軒北小路俊孝安土桃山時代出目是閑伊勢・安土桃山文化村英甫永雄天荊永雄英甫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone