コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄長老 ゆうちょうろう

5件 の用語解説(雄長老の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄長老
ゆうちょうろう

[生]天文4(1535)
[没]慶長7(1602).9.16. 京都
室町時代後期~安土桃山時代の禅僧,狂歌作者,漢詩人。名は英甫永雄。別号,武牢,小渓。若狭の豪族武田信重の子。母は細川幽斎の姉,宮川尼。天正 14 (1586) 年建仁寺住持,文禄3 (94) 年南禅寺にも住む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうちょうろう【雄長老】

1535‐1602(天文4‐慶長7)
安土桃山時代の禅僧,狂歌作者。永雄英甫(えいゆうえいほ)。南禅寺の住持になったのでふつう雄長老と呼ぶ。正しくは永雄長老。若狭武田氏の出身で,宮川尼は母,細川幽斎は叔父に当たる。漢詩文もよくしたが,中院通勝(なかのいんみちかつ)が評語を加えた《詠百首狂歌》は豪放な笑いや鋭い風刺によってとくに名高い。〈桜にはあらぬ春べをこきまぜて枝をたれたるはこ柳かな〉(《詠百首狂歌》)。【森川 昭】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆうちょうろう【雄長老】

?~1602) 安土桃山時代の学僧・狂歌師。京都建仁寺塔中たつちゆう如是院の長老で、正しくは永雄長老。母は細川幽斎の妹。近世狂歌の祖と称される。著「狂歌三百首抄」「雄長老百首」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雄長老
ゆうちょうろう
(1535―1602)

安土(あづち)桃山時代の禅僧、狂歌作者。名は永雄英甫(えいゆうえいほ)。京都南禅寺の住持にまでなったので雄長老とよぶ。別号、武、小渓、玩隠叟(がんいんそう)。若狭(わかさ)(福井県)武田氏の出身で母は女流狂歌作者として名高い宮川尼(みやがわに)、一代の武人歌学者細川幽斎(ゆうさい)は叔父にあたる。幼にして仏門に入り建仁(けんにん)寺の文渓永忠に随侍し、のち建仁寺、南禅寺の住持になった。漢詩文や漢和聯句(かんなれんく)などに優れ当時五山の僧侶(そうりょ)中五指の一人に数えられた。だが後世文学史上彼を著名にしたのは余技の狂歌で、1589年(天正17)につくり中院通勝(なかのいんみちかつ)に批評を請うた『詠百首狂歌』は、痛烈な風刺や磊落(らいらく)な笑いに満ちてとくに有名である。
 桜にはあらぬ春べをこきまぜて枝をたれたるはこ柳かな[森川 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雄長老の関連キーワード松平清康風越山島津義弘丹羽長秀暮利比亜モアモリナリマ基本星表タルタリア

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone