コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

范ほう はんほうFan Beng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

范ほう
はんほう
Fan Beng

[生]咸淳8(1272)
[没]至順1(1330)
中国,元の詩人。清江 (湖北省恩施) の人。字,亨父 (きょうほ) ,徳機。号,錦江。貧しかったため易者などをしていた。 36歳のとき北京に出て,その詩文の才で名をあげて虞集らと交際し,推薦されて翰林院編修官となり,さらに諸官を歴任。その後病を得て故郷に帰り没した。詩風は質朴清明で,また世を諷する作もあり,虞集,楊載掲けい斯 (けいけいし) と並んで当時の四大家に数えられた。主著『范徳機詩集』 (7巻) 。ほかに詩の理論書『木天禁語』があるが偽託とする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

范ほうの関連キーワード本願寺名越時章リチャード[コーンウォール]エドワード(1世)メラミン混入粉ミルク事件Edward the Confessor大谷本廟開目鈔後嵯峨天皇鳴門中将物語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android