コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦江 きんこう

8件 の用語解説(錦江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦江
きんこう

「クム (錦) 江」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん‐こう〔‐カウ〕【錦江】

朝鮮半島南部、小白山脈に源を発し、群山の北で黄海に注ぐ川。韓国第2の大河。長さ402キロ。クムガン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

錦江【きんこう】

韓国中西部の川。全羅北道蘆嶺山脈と小白山脈の接する山岳地帯に発源,北流して全羅北道と忠清北道の道境に錦江盆地をつくったのち南西流し,肥沃な湖南平野を形成して,群山の北で黄海に注ぐ。
→関連項目群山全羅北道忠清南道忠清北道朝鮮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

きんこう【錦江 Kǔm‐gang】

韓国,中西部の川。古くは白村江とよんだ。小白山脈の俗離山,白雲山などから発し,大田盆地,全北平野などの流域平野を発達させながら,群山港において黄海に注ぐ。長さ401km,流域面積9866km2。上流では峡谷を曲流し,陽山八景などの景勝地を形成している。流れが緩慢な下流は船の可航距離が130kmにも及び,芙江,江景などの河港都市を発達させた。また,古代には白村江の戦で知られ,公州や扶余などの古都が沿岸を彩っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんこう【錦江】

クムガン【錦江】

韓国の中西部を流れる河川。小白ソベク山脈に源を発し、ほぼ西流して黄海に注ぐ。長さ402キロメートル。きんこう。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦江
きんこう / クムガン

韓国(大韓民国)の黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)に注ぐ朝鮮半島第六の河川。全長401キロメートル、流域面積9886平方キロメートル。全羅北道(ぜんらほくどう/チョルラブクト)長水郡の小白(しょうはく/ソベク)山脈の六十嶺(ろくじゅうれい)西麓(せいろく)から発源して北流し、山間峡谷を蛇行して沃川(よくせん)、公州(こうしゅう)、扶余(ふよ)を迂回(うかい)し、南西へ流路を変え、群山(ぐんさん/クンサン)の北で黄海に注いでいる。流域には大田盆地、清州盆地、論山平野などがある。河口から130キロメートル上流の芙江(ふこう)まで航行が可能である。流域の公州と扶余は百済(くだら)の古都で遺跡が多い。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

錦江の関連キーワード白村江厨川白村・廚川白村埼玉白村江の戦い曹娥大延坪島壁岩落花岩白村江の戦アフヨンカラヒサル

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錦江の関連情報