コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錦江 キンコウ

8件 の用語解説(錦江の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きん‐こう〔‐カウ〕【錦江】

朝鮮半島南部、小白山脈に源を発し、群山の北で黄海に注ぐ川。韓国第2の大河。長さ402キロ。クムガン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

錦江【きんこう】

韓国中西部の川。全羅北道蘆嶺山脈と小白山脈の接する山岳地帯に発源,北流して全羅北道と忠清北道の道境に錦江盆地をつくったのち南西流し,肥沃な湖南平野を形成して,群山の北で黄海に注ぐ。
→関連項目群山全羅北道忠清南道忠清北道朝鮮

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんこう【錦江 Kǔm‐gang】

韓国,中西部の川。古くは白村江とよんだ。小白山脈の俗離山,白雲山などから発し,大田盆地,全北平野などの流域平野を発達させながら,群山港において黄海に注ぐ。長さ401km,流域面積9866km2。上流では峡谷を曲流し,陽山八景などの景勝地を形成している。流れが緩慢な下流は船の可航距離が130kmにも及び,芙江,江景などの河港都市を発達させた。また,古代には白村江の戦で知られ,公州や扶余などの古都が沿岸を彩っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんこう【錦江】

クムガン【錦江】

韓国の中西部を流れる河川。小白ソベク山脈に源を発し、ほぼ西流して黄海に注ぐ。長さ402キロメートル。きんこう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦江
きんこう

クム(錦)江」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦江
きんこう / クムガン

韓国(大韓民国)の黄海(朝鮮半島では西海とよぶ)に注ぐ朝鮮半島第六の河川。全長401キロメートル、流域面積9886平方キロメートル。全羅北道(ぜんらほくどう/チョルラブクト)長水郡の小白(しょうはく/ソベク)山脈の六十嶺(ろくじゅうれい)西麓(せいろく)から発源して北流し、山間峡谷を蛇行して沃川(よくせん)、公州(こうしゅう)、扶余(ふよ)を迂回(うかい)し、南西へ流路を変え、群山(ぐんさん/クンサン)の北で黄海に注いでいる。流域には大田盆地、清州盆地、論山平野などがある。河口から130キロメートル上流の芙江(ふこう)まで航行が可能である。流域の公州と扶余は百済(くだら)の古都で遺跡が多い。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

錦江の関連情報