コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開目鈔 かいもくしょう

3件 の用語解説(開目鈔の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開目鈔
かいもくしょう

2巻。日蓮が竜口法難にあって佐渡に配流された文永9 (1272) 年に書いた書物。法華経行者が末法の世に出現するという経文はまさに日蓮自身のことであるという自覚を述べ,さらに日本の柱とも眼目とも大船ともなろうという三大誓願を発し,そして現在の迫害は未来の大楽を受ける勝縁であると述べている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいもくしょう〔カイモクセウ〕【開目鈔】

鎌倉時代の仏教書。2巻。日蓮著。文永9年(1272)成立。佐渡の配所での述作。受難の理由を深く考察したところから出発し、法華(ほっけ)精神の解明をしたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かいもくしょう【開目鈔】

日蓮著。二巻。1272年佐渡の配所で著す。流罪という受難に対する疑問に答え、法華経を広める意図を述べたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開目鈔の関連キーワード小倉公連佐渡鉱山竜口寺佐渡おけさ佐渡院本覚寺光則寺阿仏房国府尼御前最蓮房

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone