コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開目鈔 かいもくしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開目鈔
かいもくしょう

2巻。日蓮が竜口法難にあって佐渡に配流された文永9 (1272) 年に書いた書物法華経行者が末法の世に出現するという経文はまさに日蓮自身のことであるという自覚を述べ,さらに日本の柱とも眼目とも大船ともなろうという三大誓願を発し,そして現在の迫害は未来の大楽を受ける勝縁であると述べている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かいもくしょう〔カイモクセウ〕【開目鈔】

鎌倉時代の仏教書。2巻。日蓮著。文永9年(1272)成立。佐渡配所での述作受難の理由を深く考察したところから出発し、法華(ほっけ)精神の解明をしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいもくしょう【開目鈔】

日蓮著。二巻。1272年佐渡の配所で著す。流罪という受難に対する疑問に答え、法華経を広める意図を述べたもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

開目鈔の関連キーワード馬田 行啓鎌倉時代四条頼基三大部根本寺仇する流罪意図法華日什

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android