コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茅坤 ぼうこんMao Kun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茅坤
ぼうこん
Mao Kun

[生]正徳7(1512)
[没]万暦29(1601)
中国,明の文学者。帰安 (浙江省呉興) の人。字,順甫。号,鹿門。嘉靖 17 (1538) 年進士に及第。青陽,丹徒2県の知事から吏部稽勲司,広平通判,広西近備僉事を歴任。よう (ヤオ族 ) の反乱を鎮圧し,また胡宗憲のもとで倭寇の平定を助けた。擬古派の風潮の盛んなときに,それに反対して唐宋古文を推称し『唐宋八大家文鈔』 (144巻) を編集し,大いに流布した。詩文集『玉芝山房稿』 (22巻) 。倭寇平定の際の見聞記『海寇後編』『徐海本末』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

茅坤の関連キーワード唐宋八家文読本唐宋八家文唐宋八家文学者唐順之青陽万暦及第

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android