茶菓(読み)サカ

  • さか ‥クヮ
  • さか〔クワ〕
  • ちゃか ‥クヮ
  • ちゃか〔クワ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 茶と菓子。ちゃか。
※歌謡・松の葉(1703)序「やつがれ年ごろ閑暇の茶菓(サク)に是をもてあそびて」
〘名〙 茶と菓子。さか。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・秋夜守庚申〈輔仁親王〉「庚申閑守尊尼父、茶菓礼成申夜切」
※藤棚(1912)〈森鴎外〉「御休憩所に案内して、茶菓(チャクヮ)を差上げる」 〔晉書‐陸納伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android