コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草場船山 くさば せんざん

2件 の用語解説(草場船山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

草場船山

肥前の儒者、佩川の子、名は廉、字は立大、篠原小竹及び古賀精里に学び京師に住す。明治2年(1869)歿、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草場船山 くさば-せんざん

1819-1887 幕末-明治時代の漢学者。
文政2年7月9日生まれ。草場佩川(はいせん)の子。肥前多久(佐賀県)の人。古賀侗庵(どうあん),篠崎小竹らに師事。対馬(つしま)厳原(いずはら)藩のまねきで肥前田代領の藩校でおしえ,のち伊万里に学舎(現伊万里小学校)を設立した。明治20年1月16日死去。69歳。名は廉。字(あざな)は立大。著作に「日本史略伝」「国朝史略」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

草場船山の関連キーワード岡田聿山児島基隆小西有実佐治梅坡芝田友鶴多賀努高橋篤内藤耻叟松田秋水横山徳渓

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone