コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草場船山 くさば せんざん

美術人名辞典の解説

草場船山

肥前の儒者、佩川の子、名は廉、字は立大、篠原小竹及び古賀精里に学び京師に住す。明治2年(1869)歿、70才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草場船山 くさば-せんざん

1819-1887 幕末-明治時代の漢学者。
文政2年7月9日生まれ。草場佩川(はいせん)の子。肥前多久(佐賀県)の人。古賀侗庵(どうあん),篠崎小竹らに師事。対馬(つしま)厳原(いずはら)藩のまねきで肥前田代領の藩校でおしえ,のち伊万里に学舎(現伊万里小学校)を設立した。明治20年1月16日死去。69歳。名は廉。字(あざな)は立大。著作に「日本史略伝」「国朝史略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

草場船山 (くさばせんざん)

生年月日:1819年7月9日
江戸時代末期;明治時代の東原庠舎教官
1887年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

草場船山の関連キーワード安井 小太郎安井小太郎川原 茂輔草場謹三郎波多野敬直青木文造明治時代生年月日川原茂輔漢学者