コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厳原 いづはら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厳原
いづはら

長崎県西部,対馬の南端部を占める地域。旧町名。 1919年町制。 1956年久田,豆酘,佐須の3村と合体。 2004年3月上県,上対馬豊玉美津島,峰の5町と合併して対馬市となった。中心集落の厳原は日本と大陸を結ぶ交通の要地で,古くは対馬国国府が置かれた。文明 18 (1486) 年守護宗氏がここに居を構え,江戸時代には対馬藩 10万石の城下町であった。朝鮮貿易の基地で,長崎とともに鎖国期における開港場であった。西岸,朝鮮海峡に面する小茂田は元寇時の激戦地。その近くの対州鉱山白鳳時代から銀山として知られ,近年では亜鉛,鉛の主要鉱山であったが,1973年に閉山した。農業は自給程度で,漁業はイカの漁獲が主。林業では従来木炭の生産が主であったが,第2次世界大戦後植林とシイタケ生産が進められてきた。竜良山 (たてらやま) 原始林は天然記念物,矢立山古墳,清水山城跡,対島藩主宗家墓所,金石城跡は史跡にそれぞれ指定されている。南東岸一帯は壱岐対馬国定公園に属する。国道 382号線が通り,博多港から定期船が就航。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いずはら【厳原】

いづはら【厳原】

長崎県西部、対馬市の地名。対馬の南部に位置し、古くから島の中心。厳原港は鎖国の時も長崎とともに対外貿易港であった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

厳原の関連キーワード長崎県立対馬歴史民俗資料館長崎県対馬市厳原町今屋敷厳原(いづはら)対馬藩主宗家墓所厳原(いずはら)渡辺清(1)長崎県対馬市矢立山古墳群厳原[町]対馬(市)豊玉[町]大島友之允対馬[市]飯野源兵衛渡辺 清若田石硯大池源治清水山城閃亜鉛鉱大石阿吉

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厳原の関連情報