コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草履虫 ゾウリムシ

デジタル大辞泉の解説

ぞうり‐むし〔ザウリ‐〕【草履虫】

繊毛虫(せんもうちゅう)類ゾウリムシ科の原生動物有機物の多い淡水にすむ。体長約0.2ミリ、細長い草履形で、繊毛を動かして移動する。
ワラジムシ俗称

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぞうりむし【草履虫】

原生動物繊毛虫綱の一属の総称。楕円形の単細胞動物で、表面は繊毛でおおわれる。体長0.2~0.3ミリメートル。卵形の大核一個と、一または二個の小核がある。すべて淡水産で、各地の池・溝・沼・田などに広く分布。遺伝学の材料として利用される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

草履虫の関連キーワード繊毛虫遺伝学楕円形卵形総称

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android