コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自給肥料 じきゅうひりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自給肥料
じきゅうひりょう

農家が自分の労力によって入手できる肥料堆肥厩肥,糞尿,緑肥,生わら,草木灰などがあり,農耕が始って以来,古くから使用されてきたが,工業の発達,特に第2次世界大戦後は化学肥料の普及が著しく,その比重は低くなってきた。しかし,化学肥料の多用は収量の大幅な増加に寄与した反面,土壌の荒廃をもたらし,環境汚染をも招く。したがって土壌保全の立場から,自給肥料への回帰が叫ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

自給肥料【じきゅうひりょう】

手間肥(てまごえ)とも。農家が手近に求められる材料で製造した肥料。堆肥(たいひ),厩肥(きゅうひ),下肥(しもごえ),緑肥(りょくひ)や草木灰など。金肥(きんぴ)に対する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

じきゅうひりょう【自給肥料】

下肥しもごえ・厩肥うまやごえ・堆肥たいひ・草木灰など、農家が自ら生産できる肥料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自給肥料
じきゅうひりょう

自家労働によって生産される肥料で手間肥(てまごえ)ともいう。販売肥料(金肥(きんぴ)ともいう)に対する語として使われる。堆厩肥(たいきゅうひ)、藁(わら)、米糠(こめぬか)、草木灰、野草、緑肥、人糞(じんぷん)尿(下肥(しもごえ))、家畜糞尿、泥土、肥土、藻類などがある。化学肥料の普及と農家の労働力不足、機械化などの影響によって、これらの自給肥料の使用量は昔に比べ激減しているが、堆厩肥など自給肥料には有機質のものが多く、その減少は耕地の地力維持の面から望ましくない。なお、2011年(平成23)3月の東日本大震災の際に発生した福島第一原子力発電所の事故により稲藁、落ち葉等が放射性セシウムにより汚染されたため、東北、関東甲信越、静岡県の計17都県の落ち葉などを原料とする肥料については施用が自粛された。しかし、放射性セシウムの暫定許容値(1キログラム当り400ベクレル)を下回ることが確認された肥料は2011年8月から施用できるようになった。[小山雄生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

自給肥料の関連キーワード有機質肥料緩効性肥料リン酸肥料藤野宗次郎上坂 伝次上坂伝次カリ肥料足柄平野肥料工業天然肥料販売肥料堆厩肥鶏糞刈敷干鰯

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android