草根(読み)ソウコン

精選版 日本国語大辞典の解説

くさ‐ね【草根】

〘名〙
草の根
② 草。地に生えた草。
※万葉(8C後)三・四三五「みつみつし久米の若子(わくご)がい触れけむ磯の草根の枯れまく惜しも」

くさ‐の‐ね【草根】

〘名〙 (grass roots の訳) 民衆。大衆。権力者・指導者に対していう。

そう‐こん サウ‥【草根】

〘名〙 草の根。
※丱余集(1409頃)上・次韻哭小童溺水「五歳玉魂招不返、九原露影草根収」
※二宮尊徳翁(1891)〈幸田露伴〉「民の困苦も最烈しく、草根(ソウコン)を掘り樹皮を噛むほどなりければ」 〔列子‐周穆王〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草根の関連情報