草迷宮(読み)くさめいきゅう

世界大百科事典 第2版の解説

くさめいきゅう【草迷宮】

泉鏡花の中編小説。1908年(明治41)春陽堂より単行出版。亡母面影と重なる手まり唄を求めて,放浪に出た青年が,三浦半島の秋谷,迷宮ともいうべき,うっそうたる草木に覆われた屋敷至り,そこで怪奇な魔人や美しい妖女らに見守られながら,夢の界域でついに手まり唄とめぐりあう。目もあやな色彩感に支えられ,夢と現実を自在に往還しながら,母恋いのまり唄に誘われてゆく,妖しくも美しい幻想譚。寺山修司監督で78年映画化。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android