コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草迷宮 くさめいきゅう

世界大百科事典 第2版の解説

くさめいきゅう【草迷宮】

泉鏡花中編小説。1908年(明治41)春陽堂より単行出版。亡母の面影と重なる手まり唄を求めて,放浪の旅に出た青年が,三浦半島の秋谷,草の迷宮ともいうべき,うっそうたる草木に覆われた屋敷に至り,そこで怪奇な魔人や美しい妖女らに見守られながら,夢の界域でついに手まり唄とめぐりあう。目もあやな色彩感に支えられ,夢と現実を自在に往還しながら,母恋いのまり唄に誘われてゆく,妖しくも美しい幻想譚。寺山修司監督で78年映画化。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

草迷宮の関連キーワード岸田 理生伊丹 十三相米 慎二田辺誠一福士惠二山本健翔中島陽子患い付く相米慎二辰巳琢郎皆にする三上博史どんみり夜さりずかり坂東声引負い折目高茶の子一揖

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草迷宮の関連情報