コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春陽堂 しゅんようどう

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんようどう【春陽堂】

和田篤太郎(1857‐99)によって1878年に創業された出版社。現在の社名は春陽堂書店。初め草双紙や絵草紙などの販売をしていたが,82年ころから草双紙などの出版を開始した。89年《新小説》を創刊したが,翌90年には廃刊となった。しかし,文芸書出版は続け,96年には第2期《新小説》を創刊した。幸田露伴が編集にあたったこの雑誌は1927年《黒潮》と改題されるまで明治・大正年代の文芸雑誌として最も重きをなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春陽堂
しゅんようどう

1878年(明治11)和田篤太郎(とくたろう)(1857―99)が創業した文芸書出版社。初め絵草紙の小売行商をしていたが、82年ごろから文芸書の出版を開始した。当初は『狐(きつね)の裁判』『魯敏孫(ロビンソン)漂流記』などの翻訳書出版で知られた。89年『新小説』を創刊し、1927年(昭和2)『黒潮』と改題廃刊されるまで、同誌は硯友社(けんゆうしゃ)系の作家の作品を中心に掲載する明治・大正期の代表的文芸誌であった。並行して、尾崎紅葉、山田美妙、巌谷小波(いわやさざなみ)らの作品を収めた『新作十二番』『文学世界』などの叢書(そうしょ)は、半紙に木版刷り、彩色表紙、口絵入りの装丁がきれいなことで評判であった。ほかに幸田露伴、夏目漱石(そうせき)、森鴎外(おうがい)、島崎藤村(とうそん)など明治文壇の主要作家の作品を独占的に出版し、飛躍的に発展した。大正期には、正宗白鳥(まさむねはくちょう)、徳田秋声、生田長江(いくたちょうこう)、志賀直哉(なおや)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)などの小説、評論書を発行したが、関東大震災に遭遇、日本橋の社屋いっさいを失った。しかし、昭和初頭の円本時代の『明治大正文学全集』にて成功し、社業を回復した。第二次世界大戦後は『現代大衆文学全集』『日本探偵小説全集』などをいち早く出版した。現在は春陽堂書店の社名で「春陽文庫」として大衆文学書を発行している。[大久保久雄]
『山崎安雄著『春陽堂物語』(1969・春陽堂書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

春陽堂の関連キーワード土(長塚節の小説)赤光(しゃっこう)新小説(文芸雑誌)層雲(俳句雑誌)江戸川乱歩文庫銭形平次捕物控木呂子 斗鬼次古館 清太郎新選組始末記ユーディット中戸川 吉二水守 亀之助細田 源吉山手樹一郎春陽堂文庫山崎 安雄水守亀之助文芸倶楽部尾形月耕あらたま

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春陽堂の関連情報