コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷宮 メイキュウ

デジタル大辞泉の解説

めい‐きゅう【迷宮】

中に入ると容易に出口がわからず迷うようにつくってある建物。
複雑に入り組んでいてなかなか解明できない事柄のたとえ。また特に、手がかりがなく解決の見通しが立たない犯罪事件。「人間心理の迷宮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

めいきゅう【迷宮 labyrinth】

ギリシア語のラビュリントスlabyrinthosが語源。古代の著述家たちがエジプトなどの神殿や宮殿にありとした複雑な構成の建物。しかしその遺構は確定できず,むしろそれを象徴する文様が歴史的に意味をもってきた。今日の迷路パズルの起源でもある。 古代の迷宮文様は,クレタ島,クノッソスの宮殿を舞台とする神話を背景として,呪符あるいは護符としての意味をもっていた。すなわち,クレタ王ミノスの妻パシファエと雄牛との間に生まれた牛頭人身の怪物ミノタウロスは,クノッソス宮殿ダイダロスが造った迷宮(ラビュリントス)に閉じ込められていたといい,アテナイの王子テセウスが,クレタ王女アリアドネの手渡した糸の導きでミノタウロスを倒して,迷宮から帰還する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

めいきゅう【迷宮】

中に入ると出口がわからなくなるように造った建物。
事件の捜査が困難になり、解決がつかなくなること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迷宮
めいきゅう

ラビュリントス」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の迷宮の言及

【迷路】より

内耳とまったく同じ意味と考えてよいが,迷路が内耳を包んでいる組織をも含んだ総称である点に違いがある。側頭骨の中のいちばん硬い岩様部の中に迷路のような複雑な管腔,およびそれを包んだ硬い骨があることからこの名がついた。迷路は,外装をつくっている骨迷路(迷路骨包)と,その内側に包まれた膜迷路とからなっている。骨迷路内には,ほぼ髄液と同じ成分で,蝸牛導水管で髄膜腔に連なる外リンパ液が含まれている。この液は,聴覚に役立つ蝸牛と,体の振動,平衡に役立つ前庭と,頭の回転などを知覚する半規管とを満たしている。…

※「迷宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

迷宮の関連キーワードハドソンベストコレクション Vol.3 アクションコレクション新・京都迷宮案内スペシャル/母が化粧をする理由遙かなる時空の中で3 運命の迷宮 愛蔵版Wizardry ツインパックリメンバー・ハウスの闇のなかで京都迷宮案内2時間スペシャル六本木ダンディーおみやさん新・京都迷宮案内スペシャル草壁署迷宮課おみやさんマルティン ズータードラキュラ城の舞踏会新・京都迷宮案内コールドケース京都迷宮案内霧の夜の戦慄おみやさんケレーニイラビリンス患い付く皆にする

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迷宮の関連情報