コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草間時彦 くさま ときひこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

草間時彦 くさま-ときひこ

1920-2003 昭和-平成時代の俳人。
大正9年5月1日生まれ。草間時福(ときよし)の孫。水原秋桜子,石田波郷に師事。三共につとめ,復刊「鶴」の同人となる。昭和29年サラリーマンの哀歓をよんだ作品で鶴俳句賞。のち無所属。神奈川県大磯の鴫立庵(しぎたつあん)21世。平成15年「滝の音」で蛇笏(だこつ)賞。平成15年5月26日死去。83歳。東京出身。旧制武蔵高中退。句集に「中年」「淡酒」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

草間時彦の関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門大恐慌生れてはみたけれど牧野省三小津安二郎重症急性呼吸器症候群生化学日本郵便制度史(年表)アレックス ロドリゲス

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android