コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒井千春 あらい ちはる

美術人名辞典の解説

荒井千春

江戸中・後期の田安家の臣。江戸生。本姓は西川、号は子元、通称を次左衛門。荒井治兵衛の養子となる。画を好み、住吉広守に学ぶ。本朝古画舞楽の図を能くした。田安宗武に仕えて絵所見習となり、近習番格奥詰に至る。文政9年(1826)歿、94才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒井千春 あらい-ちはる

1733-1826 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)18年生まれ。住吉広守に入門して土佐派の絵をまなび,舞楽の絵を得意とした。田安宗武(たやす-むねたけ)につかえ,宝暦9年田安家の絵師となった。文政9年7月11日死去。94歳。江戸出身。本姓は西川。通称は次左衛門。号は子元。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒井千春の関連キーワード享保

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android