コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川天散 あらかわ てんさん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川天散 あらかわ-てんさん

1652-1735* 江戸時代前期-中期の儒者。
承応(じょうおう)元年生まれ。伊藤仁斎(じんさい)に師事し,14歳で師の代講をつとめ,寛文9年紀伊(きい)和歌山藩儒にとりたてられる。日本の地誌にもくわしかった。享保(きょうほう)19年12月14日死去。83歳。山城(京都府)出身。名は秀。字(あざな)は敬元,景元。通称は善吾。別号蘭室。著作に「南竜公譜略」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒川天散の関連キーワード蔭山東門儒者承応

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android