コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒木弥一右衛門 あらき やいちえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒木弥一右衛門 あらき-やいちえもん

?-? 江戸時代後期の開拓者。
文化-文政(1804-30)ごろの播磨(はりま)(兵庫県)加古郡の大庄屋私財を投じ,8ヵ村で約70haを開墾し溜め池をつくる。また堰(せき)をもうけて加古川からの灌漑(かんがい)をおこなった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荒木弥一右衛門の関連キーワード開拓者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android