コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒物屋 アラモノヤ

デジタル大辞泉の解説

あらもの‐や【荒物屋】

家庭用の雑貨類を売る商売。また、その店。雑貨屋。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらものや【荒物屋】

荒物を売る店。雑貨屋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

荒物屋
あらものや

荒物を小売りする店。荒物とは粗雑な道具類のことで、小間物(こまもの)に対していった。江戸初期には現れ、そこでは旅の荷造りの薦(こも)・渋紙・縄・細引や、差木履(さしぼくり)、塗木履を売っていた。その後、取り扱う商品は変わってきて、多くの日用雑貨、たとえば笊(ざる)や桶(おけ)といった台所用具、草鞋(わらじ)、箒(ほうき)、塵(ちり)取り、浅草紙、下蝋燭(ろうそく)などがあった。荒物屋は今日では日用雑貨商にあたるものといえる。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

荒物屋の関連キーワード遠藤元男牡丹灯籠奥田木白荒物

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒物屋の関連情報