コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅草紙 アサクサガミ

6件 の用語解説(浅草紙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あさくさ‐がみ【浅草紙】

古紙・ぼろきれなどを材料にして漉(す)き返した下等の紙。落とし紙や鼻紙などに用いる。元禄年間(1688~1704)に浅草の山谷(さんや)辺りで多く製造されたところからいう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

浅草紙【あさくさがみ】

廃紙をすき返して作った,ねずみ色の最下等のちり紙江戸時代に浅草地区で作られたのでこの名がある。バージンパルプからつくられるティッシュペーパートイレットロール紙の普及により,現在ほとんど見られなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

浅草紙

東京都の浅草・山谷・千住などの地区で、江戸期に生産された和紙。古紙を溶かして漉きなおした粗悪な再生紙であったが、庶民の日用紙として多く用いられた。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あさくさがみ【浅草紙】

廃紙をすき返してつくった,ねずみ色の最下等のちり紙。江戸時代に浅草地区でつくられたのでこの名がある。【柳橋 真】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あさくさがみ【浅草紙】

くず紙を再生した、色の黒い粗末な紙。落とし紙に使う。江戸時代、浅草山谷辺りで多く製造されたのでいう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅草紙
あさくさがみ

江戸時代に、江戸・浅草山谷(さんや)付近で生産された雑用紙。故紙を原料とした漉(す)き返し紙で、普通は色が黒く、黒保(くろほう)とよばれて鼻紙や落し紙に広く使われた。また、漉き返す前に石灰水で蒸解し直したものは色が白く、白保(しろほう)と称して低級本の用紙にも使用された。佐藤信淵(のぶひろ)の『経済要録』(1827)に、「江戸近在の民は、抄(すき)返し紙を製すること、毎年十万両に及ぶ」とあるように、れっきとした製紙産業の一つであった。庶民の日常生活に欠かせないものであったため、江戸時代の川柳などにもよく出てくる。明治以後この地が繁華街となるにつれて、製紙業は周辺の地に分散移転したが、さらに洋式の機械製紙が地方で盛んになるにつれ、手漉きの零細業者はしだいに転廃業して跡を絶った。しかし浅草紙の名は、形や産地が変わってもなお長く庶民に親しまれている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅草紙の関連情報