コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘司福 しょうじ ふく

1件 の用語解説(荘司福の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘司福 しょうじ-ふく

1910-2002 昭和-平成時代の日本画家。
明治43年3月26日生まれ。郷倉千靱(せんじん)に師事。昭和21年院展に初入選,49年「風化の柵」が内閣総理大臣賞。キュビスム的な作風を持ち味としたが,のちに中国やインドに取材して仏教美術を題材にえがいた。56年日本美術院評議員。61年「刻(とき)」で芸術選奨。平成14年10月19日死去。92歳。長野県出身。女子美術専門学校(現女子美大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

荘司福の関連キーワード菊川多賀青木和夫飛鳥井雅道大野俶嵩大庭脩加藤晨明草野信男花見薫柚木学加藤陽子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone