コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘司福 しょうじ ふく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘司福 しょうじ-ふく

1910-2002 昭和-平成時代の日本画家。
明治43年3月26日生まれ。郷倉千靱(せんじん)に師事。昭和21年院展に初入選,49年「風化の柵」が内閣総理大臣賞。キュビスム的な作風を持ち味としたが,のちに中国やインドに取材して仏教美術を題材にえがいた。56年日本美術院評議員。61年「刻(とき)」で芸術選奨。平成14年10月19日死去。92歳。長野県出身。女子美術専門学校(現女子美大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荘司福の関連キーワードゴールドスミス(Jerry Goldsmith)[各個指定]芸能部門科学技術[各個指定]工芸技術部門安野光雅ムン ソリ新聞小説都市気候会田誠エンロン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android