コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘司福 しょうじ ふく

1件 の用語解説(荘司福の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荘司福 しょうじ-ふく

1910-2002 昭和-平成時代の日本画家。
明治43年3月26日生まれ。郷倉千靱(せんじん)に師事。昭和21年院展に初入選,49年「風化の柵」が内閣総理大臣賞。キュビスム的な作風を持ち味としたが,のちに中国やインドに取材して仏教美術を題材にえがいた。56年日本美術院評議員。61年「刻(とき)」で芸術選奨。平成14年10月19日死去。92歳。長野県出身。女子美術専門学校(現女子美大)卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

荘司福の関連キーワード科学技術ムン ソリ新聞小説アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画現職教育国民宿舎島うたロナウド

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone