荘園志料(読み)しょうえんしりょう

世界大百科事典 第2版の解説

しょうえんしりょう【荘園志料】

清水正健(1856‐1934)編。水戸に生まれ,《大日本史》編修の最後の学者で《荘園考》をまとめた栗田寛の門に入った清水は,1882年彰考館に入り,《大日本史》志類の校訂に従事した。96年同館を辞したのち,教壇に立ちつつ独力で研究を進め,諸国の荘園を国郡別に網羅,その個々について関係史料をあげた本書を1921年に完成し,33年啓明会の援助を得て刊行した(65年,角川書店再刊)。清水は荘園の発達が天皇による土地人民支配に対する弊害になったととらえ,その視点から荘園の本質を究明しようとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android