コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原克己 すがわら かつみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原克己 すがわら-かつみ

1911-1988 昭和時代の詩人。
明治44年1月22日生まれ。第二次大戦前・後を通じて共産党で活動するかたわら(のち離党),詩作をつづける。昭和26年「手」を発表。室生犀星(むろう-さいせい)の影響をうけ,人間愛にみちた作風で知られた。新日本文学会会員。日本文学学校副校長。昭和63年3月31日死去。77歳。宮城県出身。日本美術学校中退。詩集はほかに「日の底」「陽の扉」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅原克己の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android