コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原古人 すがわらの ふるひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原古人 すがわらの-ふるひと

?-? 奈良時代の官吏,学者。
土師宇庭(はじの-うきにわ)の子。代々大和(奈良県)菅原にすむ。天応元年(781)従五位下,遠江介(とおとうみのすけ)。同年土師から菅原氏にあらためることをゆるされる。侍読(じどく)としての労を賞され,死後の延暦(えんりゃく)4年(785),4人の男子に学業につとめさせるため衣糧が支給された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅原古人の関連キーワード奈良時代菅原清公

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android