コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原善主 すがわらの よしぬし

2件 の用語解説(菅原善主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原善主 すがわらの-よしぬし

803-852 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)22年生まれ。菅原清公(きよとも)の3男。23歳で文章生となり,承和(じょうわ)3年遣唐判官に任じられ5年唐(中国)にわたる。翌年帰国,従五位下にすすむ。兵部少輔(しょう),勘解由(かげゆ)次官を歴任するが,仁寿(にんじゅ)2年11月7日病死。50歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅原善主

没年:仁寿2.11.7(852.12.21)
生年:延暦22(803)
平安前期の官人。清公の3男,道真の叔父。容儀美しく,弁才があったといい,天長2(825)年文章生試に及第,その後弾正少忠に。承和1(834)年藤原常嗣遣唐大使に任じられたとき,判官に任命され,親子2代(父清公も判官として入唐)が起用されたことになる。同3年7月に出発したが,渡海は困難を極め,3度目でようやく実現した。これが事実上最後の派遣となる。同6年8月帰国。翌9月その功で従五位下に昇進。その後伊勢介,主税頭などを歴任,仁寿2(852)年6月勘解由次官となったが5カ月後に病没した。

(村井康彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅原善主の関連キーワード菅原清公菅原是善文華秀麗集類聚国史追立の官人島田忠臣菅原淳茂高辻是綱藤原清経藤原菅根

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone