コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原師竹 すがわら しちく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原師竹 すがわら-しちく

1863-1919 明治-大正時代の俳人。
文久3年8月生まれ。宮城県登米(とよま)の人。はじめ旧派俳諧(はいかい)に属したが,日本派の俳句を知り,明治38年から新聞「日本」に投句,河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)の指導をうける。東北俳壇で安斎桜磈子(おうかいし)とならび称された。大正8年3月24日死去。57歳。本姓は伊藤。名は賢五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅原師竹の関連キーワード大正時代師竹

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android