コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原師竹 すがわら しちく

1件 の用語解説(菅原師竹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原師竹 すがわら-しちく

1863-1919 明治-大正時代の俳人。
文久3年8月生まれ。宮城県登米(とよま)の人。はじめ旧派俳諧(はいかい)に属したが,日本派の俳句を知り,明治38年から新聞「日本」に投句,河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)の指導をうける。東北俳壇で安斎桜磈子(おうかいし)とならび称された。大正8年3月24日死去。57歳。本姓は伊藤。名は賢五郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅原師竹の関連キーワード石英岩中島名左衛門アメリカ音楽ドイツ映画サイモン委員会売られた花嫁ゲティスバーグ池内大学奥田万次郎河上弥市

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone