コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安斎桜磈子 あんざい おうかいし

美術人名辞典の解説

安斎桜磈子

俳人。宮城県生。名は千里。家は代々仙台藩の御機師で高等小学課程終了後家業を継ぐ。碧梧桐選の『日本俳句』に投句、一時菅原師竹と共に師竹・桜磈・碑子時代を築いた新傾向俳句重鎮。『海紅』が創刊されてから同人となり、作風自由律へ転ずる。著書に句集『閭門の草』、俳論随筆集『山に祈る』がある。昭和28年(1953)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安斎桜磈子 あんざい-おうかいし

1886-1953 明治-昭和時代の俳人。
明治19年2月7日生まれ。菅原師竹(しちく)に師事。河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)の「日本俳句」に投稿,新傾向派の俳人として注目される。のち「海紅」同人として自由律俳句を提唱した。昭和28年12月12日死去。67歳。宮城県出身。本名は千里。句集に「閭門(りょもん)の草」,随筆集に「山に祈る」など。
【格言など】晩学静か也杉は花粉を飛ばす(郷里宮城県登米にある句碑)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安斎桜磈子の関連キーワード菅原 師竹2月7日俳人

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android