コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅梅宇 かん ばいう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅梅宇 かん-ばいう

1626-1707 江戸時代前期の儒者。
寛永3年3月16日生まれ。菅得庵の子。京都の人。詩文にすぐれ,尾張(おわり)名古屋藩主徳川光友にまねかれて藩儒となった。宝永4年2月死去。82歳。本姓鎌田。名は信通。通称は洞雲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

菅梅宇 (かんばいう)

生年月日:1626年3月16日
江戸時代前期;中期の儒者
1707年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

菅梅宇の関連キーワード生年月日中期儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android