コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅笠踊 すげがさおどり

世界大百科事典 第2版の解説

すげがさおどり【菅笠踊】

笠踊のうち花飾の付いた花笠の踊りとは異なり,飾りのない菅笠を持って踊る民俗舞踊の一種。越中五箇山で知られる富山県東砺波(ひがしとなみ)郡平村の,〈麦や菜種はヨイナ〉ではじまる《麦屋節》で踊るものが有名である。この踊りは,黒紋付,袴,白足袋の青年たちが,白襷をつけ,刀をさして,横一列に並び,三味線,尺八,胡弓,四つ竹,締(しめ)太鼓のはやしと歌で,菅の一文字笠を直線的にきびきびと動かして踊る。【吉川 周平】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android