コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅裏 かんり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅裏 かんり

?-1817 江戸時代中期-後期の川柳作者。
江戸下谷の版元星運堂の主人。みずからの句ものせている「誹風柳多留(はいふうやなぎだる)」のほか「俳諧觽(はいかいけい)」「誹風末摘花」などを刊行した。文化14年1月30日死去。通称は花屋久次郎。別号に再馬,雪成(2代)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅裏の関連キーワードウェーバーモンローキンダー妙心ユング・シュティリングカラジョルジェ・ペトロビッチ西川扇蔵(2世)宇田川榕菴紀行文学グメーリン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android