コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野彊斎 すがの きょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野彊斎 すがの-きょうさい

1766-1830 江戸時代後期の儒者。
明和3年8月13日生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩医家の出で,西山拙斎に儒学をまなぶ。姫路藩の郷校教授をへて,播磨竜野(たつの)藩の儒員をつとめた。文政13年3月4日死去。65歳。名は景知。字(あざな)は子行。別号に維新庵,鶏肋山人。著作に「経説文論」「私定傷寒論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅野彊斎の関連キーワード浮世草子ドールトン奴隷制廃止運動怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧ナンシー(フランス)ブラック(Joseph Black)円山応挙明和事件

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android