コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山拙斎

5件 の用語解説(西山拙斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

西山拙斎

儒学者。名は正、字は士雅、別号に至楽居・緑天・雪堂。備中生。大阪に出て医学を古林見宜に、儒学を岡田駒・那波魯堂に学ぶ。郷に帰り子弟に教授し朱子学を唱え、終身諸候の聘に就かなかった。歌は澄月門人。著書に『間窓消事』『芳野紀行』等がある。寛政10年(1798)歿、64才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にしやま‐せっさい【西山拙斎】

[1735~1798]江戸中期の儒学者。備中(びっちゅう)の人。名は正。字(あざな)は士雅。大坂で医学と儒学を修め、郷里で塾を開いて育英に任じた。著「間窓瑣言」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

西山拙斎 にしやま-せっさい

1735-1798 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)20年8月17日生まれ。岡白駒(はっく),那波魯堂(なわ-ろどう)にまなび,安永2年郷里備中(びっちゅう)(岡山県)に塾をひらく。朱子学を信奉し,寛政異学の禁を擁護した。寛政10年11月5日死去。64歳。名は正。字(あざな)は士(子)雅。別号に至楽居。著作に「拙斎詩文集」「閑窓瑣言」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

西山拙斎

没年:寛政10.11.5(1798.12.11)
生年:享保20.8.17(1735.10.3)
江戸中期の儒学者,漢詩人。名は正,字は士雅,号は拙斎,石顛,緑天。備中(岡山県)鴨方の人。寛延3(1750)年大坂に赴き,医を古林見宜に,儒を岡孚斎とその外孫那波魯堂に学んだ。朱子学を奉じ,安永2(1773)年郷里に欽塾を開いて育英に任じ,高潔な人格を称された。幕府儒官柴野栗山に「答客問」の一書を送り程朱以外の異学の禁を説いた。菅茶山,頼春水らと交わり,詩は白楽天を宗として,京都で六如上人らと詩窮社を結んだ。和歌を学び,石を楽しんだ。著書は『間窓瑣言』『拙斎詩鈔』他,稿本多数。<参考文献>花田一重『西山拙斎伝』

(水田紀久)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にしやませっさい【西山拙斎】

1735~1798) 江戸中期の儒者。備中の人。名は正、字あざなは士雅。はじめ徂徠学を学んだが、のち朱子学に転じた。柴野栗山とはかって、寛政異学の禁を推進。著「間窓瑣言」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の西山拙斎の言及

【寛政異学の禁】より

…当時,徂徠学派,仁斎学派,折衷学派の流行に対して幕府の林家塾は不振の状態であり,朱子学擁護論が安永(1772‐81)ごろから出始め,松平定信の老中就任によって実現した。頼春水,尾藤二洲,柴野栗山,古賀精里,西山拙斎らの主張,とくに西山拙斎の定信への建白が強かったという。この通達を一般学界に対する禁令ととって,江戸では冢田大峰,市川鶴鳴,豊島豊洲,亀田鵬斎,山本北山ら,関西では皆川淇園,巌垣竜渓,村瀬栲亭,佐野山陰,片山北海,赤松滄洲らの猛反対があった。…

※「西山拙斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone