中島随流(読み)なかじま ずいりゅう

美術人名辞典の解説

中島随流

俳人。通称源左衛門、名は勝通・勝直、号は松月庵・一源子。京都生。山本西武に師事し、廻文俳諧を能くした。貞門論客として聞こえ、談林派高政の『中庸姿』対して『破邪顕正』を著す。宝永5年(1708)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島随流 なかじま-ずいりゅう

1629-1708 江戸時代前期の俳人。
寛永6年生まれ。京都の人。山本西武(さいむ)の門人で,回文俳諧(かいぶんはいかい)を得意とした。談林派の菅野谷高政,岡西惟中(いちゅう)らと論争し,貞門派の論客として知られた。宝永5年2月11日死去。80歳。名は勝直。通称は源左衛門。別号に松月庵,一源子。著作に「誹諧破邪顕正(はじゃけんしょう)」「誹諧猿黐(さるとりもち)」「貞徳永代記」。
【格言など】天が下や夜ふかし箱を明(あけ)の春(「花見車」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android