コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島随流 なかじま ずいりゅう

3件 の用語解説(中島随流の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中島随流

俳人。通称源左衛門、名は勝通・勝直、号は松月庵・一源子。京都生。山本西武に師事し、廻文俳諧を能くした。貞門の論客として聞こえ、談林派高政の『中庸姿』対して『破邪顕正』を著す。宝永5年(1708)歿、80才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島随流 なかじま-ずいりゅう

1629-1708 江戸時代前期の俳人。
寛永6年生まれ。京都の人。山本西武(さいむ)の門人で,回文俳諧(かいぶんはいかい)を得意とした。談林派の菅野谷高政,岡西惟中(いちゅう)らと論争し,貞門派の論客として知られた。宝永5年2月11日死去。80歳。名は勝直。通称は源左衛門。別号に松月庵,一源子。著作に「誹諧破邪顕正(はじゃけんしょう)」「誹諧猿黐(さるとりもち)」「貞徳永代記」。
【格言など】天が下や夜ふかし箱を明(あけ)の春(「花見車」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中島随流
なかじまずいりゅう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中島随流の関連キーワード日能南元順一和石田意深伊豆則常久津見吟市斎藤賀子乗阿如風探志

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone