コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

談林 だんりん

1件 の用語解説(談林の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

談林
だんりん

江戸時代前期の俳諧の流派。貞門から蕉風への過渡期の俳風。文学史的意義は延宝~天和 (1673~84) の約 10年間で終った。当時この一派は宗因流,梅翁流とか,貞門側からは罵倒の意味で飛体 (とびてい) とか阿蘭陀 (おらんだ) 流とか呼ばれたが,延宝3 (75) 年の『談林十百韻 (とっぴゃくいん) 』の大成功によりその作者たちの結社名「談林」がやがてこの派の総称となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の談林の言及

【関東十八檀林】より

…江戸時代に制定された浄土宗僧侶育成のための学問所18ヵ寺の称。古くは学問所を談所,談義所,談林といった。栴檀(せんだん)林の略称である檀林を称するようになったのは,〈伊欄の悪木といえども,栴檀林の近くに生えれば,その香に染まる〉というたとえから,学僧が正しく訓育される学舎という意味からである。…

【俳論】より

…俳諧の文学的確立に当たっていたため式目作法に関するものが圧倒的に多く,また連歌との区別が〈俳言〉の有無に求められたため語彙季寄(きよせ)の類も多く出されたが,俳諧の盛んになるにともない付合(つけあい)技法論も活発に行われるに至った。貞徳没後は俳壇の主導権争いから論難書が交わされ,談林派が台頭するや,俳諧を和歌の一体とみる文学観によって,これを攻撃した。代表的な俳論書に立圃《はなひ草》(1636),重頼《毛吹草》(1638),貞徳《御傘(ごさん)》(1651),季吟《埋木》(1656)などがある。…

※「談林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

談林の関連キーワード岡村不卜雛屋立圃貞門俳諧の連歌談林派貞門風内田橋水蕉風俳諧談林俳諧貞門俳諧

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

談林の関連情報