コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊亭脩季 きくてい ゆきすえ

1件 の用語解説(菊亭脩季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊亭脩季 きくてい-ゆきすえ

1857-1905 明治時代の華族。
安政4年5月6日生まれ。鷹司輔煕(たかつかさ-すけひろ)の子。今出川実順(さねあや)の養子。維新後,菊亭と改姓。明治22年伯父三条実美(さねとみ)らと北海道雨竜原野に5万haの土地貸し下げをうけ,雨竜華族農場を組織したが,24年解散,分割。26年深川村メム(深川市)に5756haの菊亭農場をひらく。32年耕地をすべて小作人に分譲した。侯爵。貴族院議員。明治38年10月8日死去。49歳。京都出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊亭脩季の関連キーワードプラン問題竹島(韓国名・独島)問題直言イタリア映画韓国統監府接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門歌沢笹丸うた沢

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone