コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊亭脩季 きくてい ゆきすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊亭脩季 きくてい-ゆきすえ

1857-1905 明治時代の華族。
安政4年5月6日生まれ。鷹司輔煕(たかつかさ-すけひろ)の子。今出川実順(さねあや)の養子。維新後,菊亭改姓。明治22年伯父三条実美(さねとみ)らと北海道雨竜原野に5万haの土地貸し下げをうけ,雨竜華族農場を組織したが,24年解散,分割。26年深川村メム(深川市)に5756haの菊亭農場をひらく。32年耕地をすべて小作人に分譲した。侯爵。貴族院議員。明治38年10月8日死去。49歳。京都出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菊亭脩季の関連キーワード日露戦争史(年表)ロシア革命インドの大反乱ケクレゴーリキー(Maksim Gor'kiy)プラン問題マルクス経済学トムソン(Sir Joseph John Thomson)竹島(韓国名・独島)問題直言

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android