コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊亭脩季 きくてい ゆきすえ

1件 の用語解説(菊亭脩季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊亭脩季 きくてい-ゆきすえ

1857-1905 明治時代の華族。
安政4年5月6日生まれ。鷹司輔煕(たかつかさ-すけひろ)の子。今出川実順(さねあや)の養子。維新後,菊亭と改姓。明治22年伯父三条実美(さねとみ)らと北海道雨竜原野に5万haの土地貸し下げをうけ,雨竜華族農場を組織したが,24年解散,分割。26年深川村メム(深川市)に5756haの菊亭農場をひらく。32年耕地をすべて小作人に分譲した。侯爵。貴族院議員。明治38年10月8日死去。49歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

菊亭脩季の関連キーワード冷泉為紀旧華族新華族安藤直行梶野行篤烏丸光亨田沼意斉錦織教久日野資秀広幡忠朝

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone