コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹司輔煕 たかつかさすけひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鷹司輔煕
たかつかさすけひろ

[生]文久4(1807).11.17. 京都
[没]1878.7.9. 京都
幕末の尊攘派公卿。関白政通の子で,安政4 (1857) 年2月右大臣に就任したが,水戸家への密勅策動,辞官し,剃髪した。文久3 (63) 年1月関白に進み,維新後は議定神祇官知事,留守長官などを歴任

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷹司輔煕 たかつかさ-すけひろ

1807-1878 江戸後期-明治時代の公卿(くぎょう)。
文化4年11月7日生まれ。鷹司政通の子。安政4年右大臣となるが,日米修好通商条約将軍継嗣問題で幕府に反対の立場をとったため,安政の大獄で辞任。のち関白となったが,文久3年の八月十八日の政変で辞任した。明治政府では議定,神祇官(じんぎかん)知事などを歴任。明治11年7月9日死去。72歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鷹司輔煕

没年:明治11.7.9(1878)
生年:文化4.11.7(1807.12.5)
幕末維新期の公家(摂家)。鷹司政通の子。安政4(1857)年右大臣となり,翌年の条約勅許問題では,幕府寄りの関白九条尚忠と対立。同年8月の「戊午の密勅」降下に関与したため,安政の大獄(1858~59)によって辞官・落飾・慎を余儀なくされた。文久2(1862)年赦免され,国事御用掛に就任。翌年には関白・内覧となるが,尊攘派に利用されることが多く,同年8月18日の政変で失脚,まもなく辞職に追い込まれた。その後も国事御用掛にとどまり,朝政に関与するが,父政通ほどの器量,知略もなく,暴なる性質であったという。

(箱石大)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

鷹司輔煕の関連キーワード徳大寺公純菊亭脩季近衛忠煕鷹司煕通明治時代沢宣嘉

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android