コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊地良仙 きくち りょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊地良仙 きくち-りょうせん

1825-1863 幕末の医師。
文政8年生まれ。陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)藩士。藩医笠原耨庵(じょくあん),幕府医官多紀安琢にまなび,昌平黌(しょうへいこう)で儒学をおさめる。藩の医学校慎済館の学監をつとめ,のち開業した。文久3年6月2日死去。39歳。名は盛清。号は棗園(そうえん)。著作に「素問講義」「傷寒論講義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菊地良仙の関連キーワード産業革命史(年表)グリュクスボー朝グリュックスボー朝デカブリストの乱トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)世界のおもな博物館中島名左衛門アレクサンドルホイットニーボワソナード

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android