コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊岡沾凉 きくおかせんりょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊岡沾凉
きくおかせんりょう

[生]貞享3(1686).伊賀
[没]延享4(1747).10.24. 江戸
江戸時代中期の俳人。名,房行。別号,崔下庵,南仙斎,米山など。伊賀上野の人。若くして江戸神田に住んだ。俳諧は初め芳賀一晶につき,のちに内藤露沾門となり,江戸座点者として活躍。博識で,俳人の伝記系譜を記す『綾錦』 (1732) ,『鳥山彦』 (36) ,江戸地誌江戸砂子』,俳諧撰集『百福寿』 (17) ,『百花実』 (23) を編著。ほかに『本朝俗諺志』 (46) ,『諸国里人談』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の菊岡沾凉の言及

【江戸砂子】より

…別名《江戸砂子温故名跡誌》。菊岡沾凉(せんりよう)著。1732年(享保17)万屋清兵衛刊。…

※「菊岡沾凉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊岡沾凉の関連キーワード香道蘭之園延享別号

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android