コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江戸砂子 えどすなご

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

江戸砂子
えどすなご

菊岡沾涼著。6巻6冊。『江戸砂子温故名跡志』ともいう。享保 17 (1732) 年刊。江戸市中の旧跡や地名を図解入りで説明している地誌版本国会図書館をはじめ京都大学などにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えどすなご【江戸砂子】

江戸地誌。別名《江戸砂子温故名跡誌》。菊岡沾凉(せんりよう)著。1732年(享保17)万屋清兵衛刊。6巻。府内の地名,寺社,名所などを掲げて解説し,約20の略図を付す。この出版は成功し,同著者で《続江戸砂子》5巻が35年に上梓された。内容は正編の補遺。また72年(安永1)に,丹治恒足軒・牧冬渉斎による正編の再校本8冊が藤木久市から刊行された。挿図は正編の複製のほか〈新吉原町略図〉が加えられている。【小池 章太郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

えどすなご【江戸砂子】

江戸の地誌や社寺・名所の来歴を記す書。菊岡沾涼著。1732年作、六巻六冊。72年増補、六巻八冊。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

江戸砂子の関連キーワード並木五瓶(初代)四万六千日今井 卯木菊岡沾涼大目秋色今井卯木社寺来歴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

江戸砂子の関連情報