江戸砂子(読み)えどすなご

世界大百科事典 第2版の解説

えどすなご【江戸砂子】

江戸地誌。別名《江戸砂子温故名跡誌》。菊岡沾凉(せんりよう)著。1732年(享保17)万屋清兵衛刊。6巻。府内の地名,寺社,名所などを掲げて解説し,約20の略図を付す。この出版は成功し,同著者で《続江戸砂子》5巻が35年に上梓された。内容は正編の補遺。また72年(安永1)に,丹治恒足軒・牧冬渉斎による正編の再校本8冊が藤木久市から刊行された。挿図は正編の複製のほか〈新吉原町略図〉が加えられている。【小池 章太郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えどすなご【江戸砂子】

江戸の地誌や社寺・名所の来歴を記す書。菊岡沾涼著。1732年作、六巻六冊。72年増補、六巻八冊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android